FC2ブログ

軽井沢、佐久、小諸のギター・ウクレレ教室「アリスギター・ウクレレ教室」

未経験・初心者に女性講師がやさしくウルトラ丁寧なレッスンをします。軽井沢、佐久、小諸のギター教室です
MENU

効果の薄い練習について

ギターやウクレレなど、楽器をやっている人は常に練習をしていると思いますが、
皆さんどのように練習内容を決めているでしょうか?
練習の内容やそのやり方によって、
どれほど時間をかけても効果の薄い練習と、
短い時間でも効果を感じられる練習があります。

例えば、決まったエクササイズを理由もわからずにひたすらこなす練習。
これは全く効果がないわけではありませんが、
無駄が多いです。

できれば練習内容はしっかりとターゲットと目標をもって行うことが望ましいでしょう。

曲のパッセージが掴みにくい、スムーズに弾けない、
こういった個所にターゲットをしぼり、
どのような練習が自分に必要かを考えて練習内容を絞り出す。

スムーズに弾けない個所には必ず原因があります。
左手か、ピッキングか、リズムか、
何が原因でスムーズに弾けないかを考え、
考えられる原因を補える練習のしましょう。

がむしゃらにクロマチックの練習をしても、
課題曲をひたすら通して練習してもその問題の個所を弾きこなす練習にはなりません。

また、いつまでも楽器が上達しない人は練習の仕方が間違っている事が多いです。
自分の弱点を冷静に見極めて、
効果があると思える練習を選んで短時間でかまいません、
集中して練習することを継続してください。

きっと今より効果をぐんと感じられるはずです。


軽井沢ポータルサイト|軽井沢ナビ
↑上記サイトにアリスギター教室が掲載されました↑

軽井沢ナビ内のアリスギター教室のページはこちら


音楽教室 ブログランキングへ
スポンサーサイト



必要な演奏を行う技術を身に着けるための練習

ギターに限らず演者と言う人達は
基本的には誰かに聞いてもらい(見てもらい)、
聞いた(見た)人がいい気持ちになってほしい、
楽しい気持ち、ストレス解消、スッキリ!
など、
演者だけでは自己完結しない「対・人」と言うものが底辺にあるのではないかと思います。

(「上手い」「凄い」って言われたい、思われたい
っと言う人はこの記事は読まないでください。)

ジャズのアドリブ対決や、ブルースのフリーセッションも演者は楽しいと思いますが、
それを1時間以上客として聞いて楽しい気分になる一般人は少数かと思います。

ミュージシャン受けしたいプレイヤーは、
上記のような演奏スタイルの方が多いですが、

もし、
より一般的な人達に自分のギタープレイにより、
幸福感、リフレッシュ、やる気、勇気、憧れ…など、
これらのプラスのエネルギーを聞き手に発生させることを最終的に望むなら、
分かりやすく、曲のイメージをしっかり掴んだ的を得たギターを弾くことが重要です。

身近な音楽仲間や不特定の楽器演奏者を意識すると、
それは単に勝ち負けに繋がっていき、最終的に得るものがありません。

感動や喜びを呼び起こしたい人は、
学ぶべきは難解な超絶テクニックではなく、人の心に寄り添った演奏。

これは様々なジャンルの音楽の中から、経験しながら学び取っていく事が大切です。
好きなジャンルだけを追求するのも悪くはないですが、
ルーツを遡ったり、ルーツから派生したものを弾いたり聞いたりすれば、
自分が過去に感動したものにより近いものが見え、
ギターの引き出し、表現の幅がぐんと広がって、
演奏している自分自身が楽しくなるだけでなく、
聞いている人も、一緒に演奏している人も心地よくなるものです。

必要な演奏を行う技術を身に着けるための練習。
こう考えて練習内容を考えれば、無駄もなく効果も高いです。














音楽教室 ブログランキングへ

まずは弾くことから始めます

アリスギター・ウクレレ教室は未経験、初心者の方を対象としていますが、
 とにかく最初からギター・ウクレレを弾きます。



楽譜の読み方、コード理論は後回しです。
 とにかく「弾く」「弾いてみる」ここが全てです。



楽譜やコード、スケール、などは後付けでその都度説明していきます。


コードダイアグラム、TAB譜の見方などは、
最初の段階で説明いたしますが、
それも時間はあまりとりません。
 コードの音の成り立ちについてもコード弾きの練習をしている時には説明しません。

 ギター教室に来る生徒さんは音楽理論を学びに来ているのではなく、
 「弾けるようになる」ことをまずは目的とされているので、

とにかく1曲を弾けるようになる。
ここが目標です。


そして、いつかかならず避けては通れなくなる
こ難しい話は、そのハードルに差し掛かった時に、

ジャストのタイミングで学べるようにしています。


だから楽譜が読めなくても大丈夫。

ギターやウクレレを触ったことがなくても大丈夫なんです。

 必要なのは、絶対に出来ると信じる本人の気持ちだけです。


もちろん、生徒さんが望めば同時進行で楽典などのレッスンもします。

基本は生徒さん基準でのレッスンです。


音楽教室 ブログランキングへ
該当の記事は見つかりませんでした。