FC2ブログ

軽井沢、佐久、小諸のギター・ウクレレ教室「アリスギター・ウクレレ教室」

未経験・初心者に女性講師がやさしくウルトラ丁寧なレッスンをします。軽井沢、佐久、小諸のギター教室です
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何か目標をたてよう!

ギターを始めて練習にいそしむ毎日も楽しいですが、
その練習をより効果的に行うために、ぜひやってほしいのが、
「目標をたてる!」です。

○○を弾けるようになる!

ではなく、

クリスマスに家族に演奏を披露する。
半年後にライブハウスに出演する!

などの具体的な目標です。

人前で演奏する目標を立てるのが重要です。
自分だけの世界ではなく、やはり他人の前で演奏するという心構えがあるのとないのでは、
練習曲の完成度に大きな差が出ますし、
練習のモチベーションを維持する大切な動機になります。

また、人前で演奏することは経験としてとても重要です。
ライブハウスなどで他の人の演奏を生で聞くこともできますし、
自分の演奏についてお客さんがどんな反応をするか、
間近で感じることができます。

ギターを始めたらまずは人前で演奏する目標をたて、
それに向けて実践的な練習を積み重ねて行きましょう!

精一杯お手伝いします!

stock-photo-rock-and-roll-124052644.jpg



◆佐久市なんだ館でのアリスギタースクール無料体験レッスン申込はこちらから
◆アリスギター教室WEBサイトはこちら


音楽教室 ブログランキングへ
スポンサーサイト

アコースティックギター人気

80年代から続いたバンドブームもとっくの昔に終わり、
所謂ギターヒーロなる存在も、当時に比べると称賛具合がだいぶ違います。

猫も杓子もエレキギターを弾いてバンドをやっていた時代もありましたが、
最近はバンド自体、数が減っているように感じます。
しかしライブハウスは国内に倍以上増え、アマチュアが音楽を発信する機会が増えました。
Youtubeやニコニコ動画なども、その役割に貢献していると思います。

ライブハウスが増え、バンドが減っているというのはおかしな感じですが、
バンドは少なくなりましたが、弾き語りやユニットがとても増えたように感じます。

特に、アコースティックギターを使った弾き語りはゆずが売れた時を境に、
とてつもなく増えたように感じます。
そこに近年の「ギタ女」ブーム。

アコースティックギターを弾きながら歌を歌う女性がとてもメジャーになり、
それ自体が「ギタ女」と呼ばれるブランドにさえなったからでしょう。

アコースティックギターはエレキギターと違い、
メンバーを探さなくても一人で歌い、演奏することが可能ですし、
ライブの出演も格安、身軽で誰でもすぐに音楽活動が始められるというメリットが盛りだくさんです。

好きなアーティストの曲をやるもよし、
オリジナルをやるもよし、
いずれにしてもメンバーに気遣うことなく、自分のペースで自分の好きな音楽を楽しむことができるのが、
アコースティックギターの魅力でしょう。

エレキギターと違ってエフェクターやギターアンプを買うなどの投資も必要ありませんし、
難しいギターソロを練習する必要もありません。

アコースティックギターにはアコースティックギターの難しさがありますが、
単に弾き語りに重点をおくなら、
きちんとしたリズムとコードストロークができれば、
重要なのは弾き語る歌の方で、ギターは基本をしっかり押さえていれば、
奇抜なテクニックは必要ありません。

エレキに比べると弦も太く、ボディも大きいので女性や子供には
最初の一歩は少しハードルは高いですが、
練習を続ければ誰でも弾けるようになるっと言う点でも魅力は満載だと思います。

Fが押さえられなくても、弾ける曲もありますし、
コードを簡単にして演奏することも可能です。

好きなアーティストの曲を自分の演奏で歌うのは楽しいはずです。

何が言いたかったかと言うと、
最近はエレキギターよりアコースティックギターが人気♪ です!

っと、言うことでした。

aashutterstock_177758363.jpg



未経験・初心者にやさしいギター教室 アリスギター教室はこちらから


音楽教室 ブログランキングへ

ゆっくりがギター上達のコツ!

ギターを始めたばかりの頃は、
とにかく弾けるようになりたい!
っと言う気持ちが強ければ強いほど、練習にも力が入ります。
練習に力が入るのはとてもいいことだと思います。

ですが、焦って練習をするとロクなことにはなりません!

コードチェンジ一つ、アルペジオ一つとっても、
焦って出来ないコトを無理にやろうとしても、余計に時間がかかるだけです。

遠回りなようですが、1つ々のプレイを、
ゆっくり、確実に、間違えないように練習することが、
結果一番早くやりたいことが出来るようになります。

今までギターを弾いた事がない人が、
いきなりFのコードを押さえられるコトはまず無いと思います。
無理に押さえようと、強引な練習を続ければ、手首を痛めたり間違ったフォームで覚えてしまったりと
後々痛い目を見る事になるでしょう。

時間がかかるように感じて、
少しイラっとしても、そこは落ち着いて「今日はこれだけ」っと決めてゆっくり進んで行きましょう。

一つのプレイを確実にしていく事で、
その後の演奏に余裕が生まれ、より深みのある素敵なギターが弾けるようになります。

ゆっくり、焦らず、確実に。

初心者の方には特に守って頂きたいです!


音楽教室 ブログランキングへ
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。