FC2ブログ

軽井沢、佐久、小諸のギター・ウクレレ教室「アリスギター・ウクレレ教室」

未経験・初心者に女性講師がやさしくウルトラ丁寧なレッスンをします。軽井沢、佐久、小諸のギター教室です
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピックの持ち方について

ギターを弾き始めてから、
初心者→初級者→脱初級者あたりの方々からよく「ピックの持ち方」について質問を頂きます。

多いのがピックを持つ人差し指の薬指側の爪が削れるというものです。

弦にピック以外のものが当たっているので正解とは言えないと思いますが、
いちがいに「間違い」とも言えないのが事実です。

特にエレキギターの場合は、
個人の特性のあるピッキングによってそのプレイにオリジナリティが生まれ、
ただテクニックがあるだけのつまらないギタープレイではない、
その人独自の音が出ているからです。

個性のない演奏はエレキギターを使うRockに関しては、
まったく無意味と言っても言い過ぎではないと思います。

世界中、Youtubeを見ても分かる通り、
演奏が上手いという意味では、アマチュアでもずば抜けている人は無数にいます。

爪が削れるピッキングをしていたとして、
その弾き方で自分の求めるニュアンスが表現できているなら、それが正解だと言えます。
極端に血が飛び散るほどの当たり方は、
身体的な損傷を考えても直した方がいいと思いますが、
爪切りをする手間がはぶける、くらいでいいのでは?それが個性。

たくさんプレイしていけば自然と気が付くことですが、
フレーズ単位で持ち方、握り方、当て方、力加減が変わるはずです。
ですので、常に柔軟に様々な音の表現方法として、
ピッキングをコントロールする力は必要不可欠にはなります。

とかく、型に縛られて「こうしなくてはいけない」
「ああやらなくてはいけない」、っと様々な情報に振り回され気味ですが、
大切なのは自分の出したい音やプレイのニュアンスを、どうやって出すかであって、
そこに「正解」と言うものは存在しないということです。

日々、研究・実践を繰り返して、
自分らしいスタイルを見つけてそれをさらに磨いていくことが、
エレキギター、特にRock系のギタリストには重要ではないかと思います。


スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://aluceguitarschool.blog.fc2.com/tb.php/3-6e8b9706
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。