FC2ブログ

軽井沢、佐久、小諸のギター・ウクレレ教室「アリスギター・ウクレレ教室」

未経験・初心者に女性講師がやさしくウルトラ丁寧なレッスンをします。軽井沢、佐久、小諸のギター教室です
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブコンテスト「アコパラ」に生徒さんが出場しました

先日、佐久イオンの中にある島村楽器のライブコンテスト
「アコパラ」に生徒さんが出場しました!

ロマリオ・ベンジャミン・タカハシとして堂々とした
ライブパフォーマンスを披露して下さいました。

持ち時間を存分に使い切り3曲を熱唱され、
大きなトラブルもなく、観客を魅了していました。

真面目に曲を聴いていると、
ベンジャミンタカハシのユーモア溢れる様々な仕掛けを楽しむこともでき、
笑ったり、関心したり、心配したりと、
今までのライブ観戦では味わえない雰囲気を体験してきました。

b-t.jpg

最後にPAさんに確認せずにシールドを抜いてしまったところだけがもったいなかった!

ライブは経験です。
このように場数を踏むことによって機材利用のルールや、
ライブの進み方、自分自身の準備の仕方などを身につけていけます。

また、人前で演奏する機会が多ければ多いほど、
演者として成長するというのが事実です。

1人で独奏しているのと、
対・人に向かって演奏しているのでは、生み出るもの、
得られる経験値が大幅に違います。

一回のライブごとにドラクエのラスボスを倒したくらいの経験値が手に入ると思って下さい。

つたない演奏でもやりたい音楽をやることが大切です。
巻き戻しのきかないライブですでに終わった演奏のミスを後悔したり
他の演者さんと自分を比べても、それはなんの得にも経験値にもなりません。

音楽は楽しければそれでいい!

っとは、私は書きません。
独りよがりの音楽は利き手を不愉快にさせることが多いからです。

しかし、自分自身が楽しい、気持ちいいと思えなければ、
聞いてる人にはその1%も通じないというのも事実です。

自分の演奏を客観的に聞く能力が高い人ほど良い演奏をします。
おだてや社交辞令に惑わされずに、冷静に自己分析できる人です。

時にハメを外すことも大切ですが、
傍らに観客としての自分を置いておくと自分の弱点や、改善すべき点、
伸ばしていきたい場所などを冷静に判断し、そこに向けて無駄のない道をすすむことができるはずです。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。