FC2ブログ

軽井沢、佐久、小諸のギター・ウクレレ教室「アリスギター・ウクレレ教室」

未経験・初心者に女性講師がやさしくウルトラ丁寧なレッスンをします。軽井沢、佐久、小諸のギター教室です
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必要な演奏を行う技術を身に着けるための練習

ギターに限らず演者と言う人達は
基本的には誰かに聞いてもらい(見てもらい)、
聞いた(見た)人がいい気持ちになってほしい、
楽しい気持ち、ストレス解消、スッキリ!
など、
演者だけでは自己完結しない「対・人」と言うものが底辺にあるのではないかと思います。

(「上手い」「凄い」って言われたい、思われたい
っと言う人はこの記事は読まないでください。)

ジャズのアドリブ対決や、ブルースのフリーセッションも演者は楽しいと思いますが、
それを1時間以上客として聞いて楽しい気分になる一般人は少数かと思います。

ミュージシャン受けしたいプレイヤーは、
上記のような演奏スタイルの方が多いですが、

もし、
より一般的な人達に自分のギタープレイにより、
幸福感、リフレッシュ、やる気、勇気、憧れ…など、
これらのプラスのエネルギーを聞き手に発生させることを最終的に望むなら、
分かりやすく、曲のイメージをしっかり掴んだ的を得たギターを弾くことが重要です。

身近な音楽仲間や不特定の楽器演奏者を意識すると、
それは単に勝ち負けに繋がっていき、最終的に得るものがありません。

感動や喜びを呼び起こしたい人は、
学ぶべきは難解な超絶テクニックではなく、人の心に寄り添った演奏。

これは様々なジャンルの音楽の中から、経験しながら学び取っていく事が大切です。
好きなジャンルだけを追求するのも悪くはないですが、
ルーツを遡ったり、ルーツから派生したものを弾いたり聞いたりすれば、
自分が過去に感動したものにより近いものが見え、
ギターの引き出し、表現の幅がぐんと広がって、
演奏している自分自身が楽しくなるだけでなく、
聞いている人も、一緒に演奏している人も心地よくなるものです。

必要な演奏を行う技術を身に着けるための練習。
こう考えて練習内容を考えれば、無駄もなく効果も高いです。













スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。