FC2ブログ

軽井沢、佐久、小諸のギター・ウクレレ教室「アリスギター・ウクレレ教室」

未経験・初心者に女性講師がやさしくウルトラ丁寧なレッスンをします。軽井沢、佐久、小諸のギター教室です
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でやるギター練習のコツ

弾きたい曲を練習するのはあまりつまらないってコトは無いと思います。
むしろ、どれだけ練習していても飽きないのではないでしょうか?

しかし、ギターの練習には、単調でつまらないもの。
自分の好きなジャンルじゃないもの。
どうも、ハートに響かないもの。
etc…

上記のようなものも、やらなくてはいけない場面が出てきます。
興味のない曲なんかを覚えなくてはいけない時は、
好きな曲よりはるかに時間もかかりますし、要領を得ません。

そこで、ギター練習の時の私なりのコツをひとつ。

【大前提】
すぐに練習を始められる環境を作っておく。
これが一番大切です。
ギターがすぐに弾ける状態、アンプからすぐに音が出せる状態、クリックや音源などとすぐに合わせられる状態。
練習を始めるだんになってこれらを準備するのは大変ですし、
結果面倒くさいので練習離れに繋がります。
自分の部屋なら手を伸ばせばすぐにギターが弾けるようにセッティングしておきましょう


1.やる時間を決める
今から始めて、どこでやめるのか、30分後か1時間後がきっちり決めます。
ダラダラと練習しても効果が薄いことを実感しています。

2.長時間練習するときは必ずしっかりとした休憩を入れる
1時間以上練習するときは、10分なら10分!っと徹底的な休憩を入れる。
休憩のあいだはギターは触らない。

3.環境を整える
練習中に携帯がなったりLINEが入ると集中力が切れるので、外界から自分を遮断する。

4.基礎練習の場合はクリックではなくてドラムフレーズに合わせて練習
スマホのアプリなんかでも十分です。
8ビートや16ビートの格好いいドラムフレーズに合わせて練習するとだいぶ楽しいです。

とりあえずここまでが基本です。
これはわりと単調な練習をするときに役に立っています。

次回は苦手な曲を覚える時のコツ、っというか私なりの方法をご紹介します。

それでは今日も素敵なギターライフを!


佐久なんだ館でギターの無料体験レッスン開講中!
ギターの無料レンタルもあります!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。