FC2ブログ

軽井沢、佐久、小諸のギター・ウクレレ教室「アリスギター・ウクレレ教室」

未経験・初心者に女性講師がやさしくウルトラ丁寧なレッスンをします。軽井沢、佐久、小諸のギター教室です
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でやるギター練習のコツ その2

前回に引き続き、効率のよいギターの練習について書いていきたいと思います。

まずは環境を整えることと、メリハリのつけ方について書きましたが、
今日は、曲を覚える時のコツを書きたいと思います。

好きな曲ならば、構成やフレーズなどがすでに記憶されているので、
ギターのパートを覚える時にそれほど大変ではありませんが、
全く知らない曲や、苦手なジャンル、興味のない楽曲などの場合は、
1曲を通して覚えきるのは最初はかなり大変です。

おすすめしたい方法は、「マスターリズム譜」の作成です。
聞きなれない方も多いと思うこの「マスターリズム譜」ですが、
これはプロの方もよく使う譜面で、
コード・歌メロのほかに必要最低限の演奏情報(キメ、リフ、カウンターメロディーなどが表記された、
通常2~3段でまとめられた譜面です。

自分用ですので、作り方や表記の仕方に細かいルールは必要ありません。
自分がわかるように要約して作ることが大事です。

この「マスターリズム譜」を自分の手でつくることによって、
その過程で嫌でも曲の進行やキメなども覚えることができます。

また、覚えきれないフレーズやニュアンスを音符やリズム譜で書きだすことで、
これも正確なコピーに繋がっていきます。
最初はなれないと思いますが、これができるようになると、自然とおたまじゃくしが理解できるようになるという
メリットがあります。

ギター教室では、実践で使える「マスターリズム譜」の作り方も、生徒様の必要に応じてレッスンしています。
耳コピの仕方や、コツ、暗譜の仕方など多肢にわたります。

より実践で使える知識を、わかりやすく簡単・丁寧にレッスンしています。


→佐久のギター教室アリスギター教室はこちら
→Rock、Pop、アコースティックギター、エレキギターを教室です

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。