軽井沢、佐久、小諸のギター・ウクレレ教室「アリスギター・ウクレレ教室」

未経験・初心者に女性講師がやさしくウルトラ丁寧なレッスンをします。軽井沢、佐久、小諸のギター教室です
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表現者として成長

最近、来年の明確な目標について考える機会がありました。

いつも漠然としているわけですが、
目標を書いてみる紙を目の前に、いざ具体的に自分の願望について考えてみました。

お金がほしいとか、
髪をサラサラにしたいとか、
ギター教室の生徒さんを増やしたいとか、
ギターが上手くなりたいとか、
家族みんなが幸福でありますようにとか、
友達の幸せとか、

まぁ、それこそ漠然と並んでいたわけですが、
まずは一番強い願望を考えてみました。

う~ん、やはりギターの上達でしたね。

これはもう20年以上の願望であるので、それこそ根が深いのですが、
その割には、何をさして「上達」と呼ぶか、
具体的なイメージができていなかった部分があります。

とりあえず目下の目標としてのフレーズ、テクニック、曲はあっても、
私が本心で目指しているのはアレが出来る、コレが出来るではないもので、
表現者としてのギター上達なわけです。

YOU TUBEなどで見る超絶テクニックの方々、
いやぁ、本当にすごいと思います。
凄いんですが、「こーゆーテクニックを披露している」
と言う部分のみで、表現者としてその奥にある
「何が伝えたいか」っと言う部分が全く伝わってきません。

「俺こんなに出来るんだよ凄いだろ~」
しか見えないわけです。

いや、凄いですよ、凄いです。
凄いのですが・・・。

っと、そうゆう心持なので、
私としては超絶テクニックを極めるとかではなくて、
自分が客席にいたと想定して、
自分の弾いているギターで感動できるか?

っという視点が重要な気がしてきました。

要は、自分のギターを自分がどれだけ好きになれるか、
満足できるかってことなんですが、
そこには見えないリスナーやその他の人々は関係なく、
自分自身がどう思うかが大事だと思うわけです。

他人の評価や批評を気にしてギターを弾いて、
「こうゆうプレイはウケがいい」とか、
「最近はこうゆうフレーズが流行っている」とか、
「こうゆうの弾くと上手いって思われるかも」とか、
「より目立つためにはどうするか?」とか、

このような思考が少しでもあるうちは、
私が本当に目指すギタープレイにはたどり着けないのではないかと気付きました。

リスナーを置き去りにするという意味では、
まさに自己中の極みではありますが、
自分が真に自信を持って「コレだ!」っと言える演奏でなければ、
人前で演奏するなんてそれこそ「どーなの?」っと思います。

自分が本当に心から自信を持って「コレだっ!」って演奏できて初めて、
そこから、他人の評価や批評を受け入れて行くことが始まると思います。

妥協したギターを弾いているうちは話にならんと思います。
「練習する時間がないから」
「才能がないから」
「機材がないから」
「メンバーがいまいちで~」

いやいや、関係ないですね。
全部自分で選んだ結果ですから。
練習時間もメンバーも機材がないのも。
それこそ才能がないとか、誰が決めたのでしょうか?自分が自分で決めたことですよね?

今できるコトを精一杯やる!
(どこかで言い訳してる自分がいつもいるパターンが多かったので)

来年は自分への戒めを含め、
過去から学んだ様々なことを力に変えて、
自分が思い描く表現者をより具体的にイメージして、
そこに向かって行きたいと思います。


音楽教室 ブログランキングへ

やり続けるコト

私は弾きたい曲があると、
家族に「耳にタコができる」と言われるほど、同じ曲を弾き続けます。

少し迷惑かな?(ごめんなさい)

なるべく1人の時間を有効に使って、

冬の午後に空想の世界へ旅立っています。

穏やかに、集中するという何とも言えない時間です。

しかし、まぁ今日も穏やかに
ギターが弾けるとゆうことに

感謝、感謝。


guitar.jpg





音楽教室 ブログランキングへ

セッションイベントに行ってきました

先日、安曇野にあります「サウンドバーリューク」というところで行われた
セッションイベント「野獣」に参加してきました。

友人であり、私のバンドのベースでもあるMIEと、
ギタリストである主人、息子の龍一と出かけてきました!

初参加でしたが、
とにかく!どーでも!最高に!
めちゃくちゃ楽しかったです!

あらかじめ決めた曲を、初顔合わせで演奏するのですが、
とにかくすごーくいい雰囲気で、
参加している皆さんがとにかく生き生きしていて、
その場所にいるだけで、魂がふわ~っと浮いていってしまいそうなくらい
躍動的、感動的なセッションイベントでした。

素晴らしい演奏をするギタリストさん達に感激しまくり、
新しい出会いにも感激しまくり、

「ああ、自分はこうやって音楽を通じて
人と出会う事が本当に大好きなんだなぁ~」

っと、あらためて思った次第です。

音楽は人との出会いです。

自分がやり続けている限り、常に新しい出会いがそこにはあります。

音楽という共通のカテゴリの中で知り合うので、
当然、波長も合いますし、話も花が咲きます。

幾多の出会いの中で、自分自身をどんどん成長させてもらい
毎日を立ち止まらずに進み続けることができてるような気がします。

自分を卑下したり、下に置く必要はない人達。

ただ好きなものを自由に、
くだらない計算もなく、ひたむきに演奏する。

ステージに立っていた全ての人達が、私にはヒーローでした。


ryuku2.jpg





音楽教室 ブログランキングへ

久しぶりのLIVE

先日、松本ALECXというライブハウスで、
自身のバンドFishy Clanでライブをしてきました。

正直、と~っても楽しかったです。

大きな音でギターを弾くのが気持ちいいのはもちろんですが、
やはり「アンサンブル」。
これにつきるかなぁ~っと思います。

音楽は他の人と合わせた時に、一人の時には感じられない
独特の感動を演奏家自身に生みます。

「上手い」「下手」ではなく、
単純にドラム、ベース、キーボード、ボーカル、ギターが、
一つのバンドとして、一つの音楽を演奏すること自体が素晴らしいんです。

「褒められたい」「認められたい」「称賛されたい」

ではなく、

おごりや偽りなく、自分自身が楽しめる音楽を続けていける人こそが、
芸術家であり、音楽家であるんだと私は思っています。

自分が楽しむために必要な表現を磨く、そのために練習をする。

それだけではないでしょうか?

人の評価を気にするのは音楽を職業としている人達に任せて、
アマチュアはその自由な存在を思いっきり楽しめばいいと思います。


14695353_1616462751981615_7082403145843280886_n.jpg



音楽教室 ブログランキングへ

ギタ女あるある

一応私自身が「ギタ女」のくくりに入ると想定して、
過去によくあった「ギタ女」ならではのあるあるをご紹介。

趣味でギター弾いてます。とか言いますと
「F押さえられるの?」と反ってきます。
(押さえられるからギター弾いています)

ライブハウス等でワウを歪みの後にかましていると、
「それ間違ってるよ、ワウは歪みの前が基本だから。」
っと、言われます。
(いや、わざとなんですけど・・・手前にかます時もありますから)

シールドを自作している話をすると軽くひかれる。

ギターが大きいね!っと笑顔で言われる
(私が小さいだけです。)

同性よりも異性のギタリスト仲間が圧倒的に多い。

基本が猫背

ネイルって何?

以外と力持ち
(セッレッション4発のキャビなら一人で運ぶ。JBLとかは無理)

「これはトゥルーバイパスって言ってね…」
っと、ある程度の用語を知らないのを前提に話をされる。

所属バンドは女子だけのバンド(ギャルバン)だと思われている

ピックケースが妙に可愛い
(どうでもいいところに女子っぽさが出ます)

マカロンで騒ぐ女子を理解できない。

コードしか弾かないと思われている

ソロは弾けないと思われている

スカートは殆どはかない

テレビなどでエレキギターを弾いている女性アーティストにやたら敏感

リスペクトしているギタリストが大抵誰かのバックバンドの人

ジョーペリーと本気で結婚したいと思っている

自分よりギターが下手な男性は恋愛の対象外


っと、思うつくままに書きましたが、これはあくまでも私の「あるある」ですので、
全ての「ギタ女」に当てはまるかはわかりません。、

でも、いくつかは「ギタ女」なあなたにも当てはまるのではないでしょうか?


日々笑って楽しくギターを弾いていきましょう!




音楽教室 ブログランキングへ
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。